アプリ開発で大切なこと|通訳アプリ&ipad用アプリ開発のお役立ち情報
application

通訳のアプリを開発するうえで大切なことを記載しています

アプリ開発で大切なこと

握手

文法の解釈が大事

通訳のアプリの開発をする際に、翻訳する言語の文章が日本語の文章に影響することは多々あります。そのため、翻訳する言語の文章の文法をどのように解釈するのかが大事となります。どのように解釈するか事前に決めておかないと、いざ翻訳するとなった時に意味不明な日本語になってしまい、意志の疎通が出来なくなります。例を挙げると日本語を英語に翻訳するときに、とても長い文になる場合が多々あります。このような場合は、開発時に翻訳する担当者が複数いたり文法が違っていたりしていることが理由で、英語に翻訳するときに文章が長くなります。そうならないようにするために、開発の段階で、「この文章はこのように解釈しよう」といったことを事前に決めておくことが大事です。また、開発するスケジュールの期間をどのくらいにするかも重要なポイントです。例を挙げると日本語を英語に翻訳するために、アプリにテキストを組み込める分量は1日で大体2500文字です。これ以上の処理スピードだと、アプリのクオリティに影響します。そのためクオリティを保った上でどれくらいの処理スピードで開発できるか確認しましょう。

どの言語を翻訳させるかを決める

どのような言語を翻訳させるかがとても重要です。「どの国の方と接する機会が多いのか」の点に注目しましょう。そうすることで、すぐにその言語の通訳をするアプリの開発に着手することができますので、開発のスケジュールが短縮できます。普段接することの少ない言語の翻訳の機能をつけても、実際に利用する場面は滅多にないため、開発するコストが無駄になってしまいます。何となくで決めず、開発にとりかかる前の段階で「どの国の方と接する機会が多いのか」「またその方はどの言語を使うのか」をしっかりリサーチしておきましょう。事前にリサーチしておけば、「この言語は特に利用する機会があまりない」といったことが無くなると思います。また、方言に対応した通訳アプリがあれば人気が出るかもしれません。方言に対応した通訳アプリを開発する時は、どの地方の方言に対応させるか決めて、その方言の知識がある方に協力の依頼をするとよいでしょう。日本の方言はたくさんの種類があります。同じ県内でも地方によっては方言が全く異なるところがありますので、注意しましょう。

きちんと通訳できているか確認

通訳のアプリが一通り完成しましたら、きちんと通訳できている確認しましょう。意味のない文章になってしまっては意味がありません。意志の疎通ができないと双方が困りますので、実際に利用する前にきちんとテストするのがとても大切となります。そのテストをする際も「短い文章でも通訳できるか」「長い文章でも意味が通る文章となるか」などを確認しましょう。また「○○にはどのように行けばよいか」「○○を買いたい」など、様々なシチュエーションできちんと通訳できるかも確認しておきましょう。また日本語は「私、僕、あたし」など、同じことを表すものでも複数の単語があります。そのような単語でもちゃんと対応できるように、「同じことを表すものでも複数の単語」が他にもないかきちんとリサーチしておきましょう。翻訳する言語も同様です。対象の単語はリスト化しておくと漏れがなくなります。このように通訳できているか徹底的にテストすることにより、どの部分に問題があるのか分かりますし、より利便性の高いアプリに仕上がると思います。

通訳アプリに関するお役立ち情報

握手

アプリ開発で大切なこと

海外からの観光客が年々増えています。それに伴い通訳アプリを導入する企業が増えています。通訳のアプリを開発するうえでどのようなことが大切か記載しています。

READ MORE
広告募集中